萬屋 禰宜猫本舗

カブ主(タイ仕様JA44 110cc)で,某社技術営業職の禰宜猫(29雄)が,日常とか過去の振り返りとか旅行記とかカブカスタムとか..

大阪万博2025は,高度経済成長的効果を引き起こせるか./Can Osaka Expo 2025 bring about a high economic growth effect?

決まりましたね! 2025年大阪万博

2020年東京オリンピックといい,なんというか1964年・1970年の再来の様な気がします. あの時代は,日本初の高速鉄道(東海道新幹線)・日本初の高速道路(東名高速道路)・日本で2番目の商業用原子力発電所(敦賀原発)と,色々革新的な事もありましたが,今回どうでしょうね……?

個人的には,こうなるのではないのかなと予想してみました.

 「人類の進歩と調和」がテーマだった1970年大阪万博に対して,2025年大阪万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」になっています. なので,出展物もそれに合わせたものになってくるとは思いますが,

 

1, 高速度無線通信

今でも充分速いのですが,5Gによって更に高速度化が進むと思われます. 既に,個人ユースでは家に固定のネット回線を引いていないという方々も見受けられますが,それが企業ユースに拡大しそう.

 

2,電気自動車

一番進んで欲しい分野ですね!!

航続距離の問題・電池寿命の問題が付き纏いますが,全固体電池の開発が進めば,十分実用になるでしょう. 特に,バス・タクシーの公共交通機関. トラックの物流部門が,キーになりそう.

 

3.ロボット・AI

決められたプログラムに従って動く簡単なものではなく. 目的をこなすのに必要なものは何か,問題にぶち当たった時にどうやって対処するか,更には問題点を予測してそれを回避する. それらを自動で行うタイプのロボットが,今後出てきそうな気がします.

ただ,それだと夢が無いのでパト○イバーとかガン○ムの様な人間が乗り込むタイプまでは行かないまでも,バワードスーツ的なロボットが介護・医療・災害救助・防犯の分野で出てくるはず.

本田技研工業アシモの開発を投げ出したのは記憶に新しいので,今後このロボット分野は日本でどうなっていくのかは分かりませんけども……

 

4. リニアモーターカー

1970年大阪万博の時点で既に話題になっていましたが,東京(品川)〜名古屋 間の開業が2027年. という事で,オリンピックに急遽間に合わせた東海道新幹線の様にはいかないかもしれませんが,2025大阪万博には間に合わせてくるのではないかなぁと期待しています.

個人的には東名阪に限らず,他の区間も進めたら良いのにと思ってしまいます.

 

5.スマートハウス

他所からエネルギーを得て生活を回すのではなく,自分所の力でエネルギーを作り出す生活が来るのではないかなぁと.

具体的には,屋上緑地・壁面緑化を用いて都市温度をなるべく上げない様なビルディング. 太陽光・風力・バイオマス・廃熱を有効利用した戸建てや集合住宅. 先の電気自動車とのカーシェアや災害時非常電源としての利用. この辺りが想像できます.

後は,長寿命住宅としてその家を建てた世代・その子供世代・さらに孫世代と受け継げる様に,ロボの様に変形して自由な間取りを組める家が出来そう.

 

6.交通網の整理

都市部は,今まで計画に上がるだけで具体的に動きの無かったものが,現実になりそうですね. 例えば,なにわ筋線・阪急空港線・神戸市営と阪急の直通運転・地下鉄中央線の夢洲延伸. 現時点で進んでいる物とすれば,阪急淡路駅が2025年に高架切替予定ですが……いつ終わるんでしょうかねあれ(^^;)

農村部については,人手不足と乗車数減少を背景にバス路線・鉄道路線が現時点で次々に廃止されていますが,自動運転対応したバス・BRT化でどうにか廃止を食い止めたい所ですね. BRTの駅は,商店を併設して客と共に商品も運んできてもらう様にするとか.