萬屋 禰宜猫本舗

カブ主(タイ仕様JA44 110cc)で,某社技術営業職の禰宜猫(29雄)が,日常とか過去の振り返りとか旅行記とかカブカスタムとか..

見せて貰おうか,タイ仕様のスーパーカブの性能とやらを. /Would you show me the performance of Super Cub of Thailand?

禰宜猫です(φωφ)ニャー

 

今回購入したカブの値段を公開し忘れましたが,車両本体価格が18万 3,900円. 乗り出し価格は23万 4,076円です.(旧カブ88ccの売却額が2万円なので実質21万 4,076円)

ローンは組まずに男の一括払い.

2018年夏のボーナスが,右から左へ流れていきました.

 

クレカが使えたら,5回払いにしようと思ったのですが,クレカが使えないバイク屋さんなので……でも,そのお陰か凄く丁寧で良かったです. オイル交換の話を聞くと,お客の入りも良いみたいですし.

 

宣伝ではないですが,カブ以外の他のバイクも多数取り揃えていて,お勧めですよ.

京阪神にお住まいの方は是非!!

バイクショップChops

 

旧カブからJA44になって変わった事と,ソーラー補充電器の話.

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

何度も言ってますが,私が手に入れたカブ110(JA44 現地型番MLHJA1689J)は,

タイ仕様です.

 

「えー,せっかく中国生産から日本生産に戻ったのになんでまたわざわざ海外から逆輸入…」と言われそうですが,正直私は"Made in JAPAN"って不必要に神格化され過ぎていると思います.

 

確かに,JA10を購入した方のBlog記事を見ると,レッグシールドのチリが合わない作り込みの甘さとか,念入りに洗車しても錆びるマフラーとか部品の貧弱さが,見て取れます. 実際,ごく初期の頃はトラブルも多かったそうで.(エンジン丸ごと交換のリコールが発生したとか)

が!それも今や昔. 中国製といえど,基本はしっかりしているのです.

昔の中国製というのは"Cheap and nasty(安かろう悪かろう)"が主流だったのが,今は"The minimum necessary is kept cheap.(必要最低限が守られた安さ)"が主流です. そしてそれなりにお金を積めば,日本製と遜色ないものが出てくる.

付加価値をゴテゴテ盛り込んで,不必要に値段を釣り上げて自爆する……

今の日本製ってそんな感じがします.

 

タイ製JA44には,ポジションインジケーターとタンデムシートとシャッターキーが標準装備していますが,日本製にはありません. 値段は,日本製の方が高いにも関わらず.

「日本製だから品質は海外製より上」という先入観を頼りに,値段を上げてその分必要な機能はカットされる. こんなのいつかまかり通らなくなると,禰宜猫は思いますが,皆さんどうでしょうか?

 

 

話が逸れてしまいました.

旧カブは,右にウインカースイッチが付いていましたが,新カブは左に付いています. それも,プッシュキャンセル式. 試験とか代車で使った事あるので,今更戸惑う事は無いのですが,たまに右手でウインカー点けようとしてアレ?って思う事はあります f(^^;)

寧ろ,スイッチの位置よりもウインカー音が鳴らなくなってしまった方が辛いです. 旧カブも,スタンダードやプレスは鳴らないのですが,このタイ仕様JA44カブも,オーディブルが装備されていないのですね. 意外というかなんというか. いずれは点けたいですね,鳴らないと寂しいですし.

ベトキャリ・メッシュインナーラック・フロントバスケット・タコメーター・ソーラー補充電器の取付でしれっと作業してますが. レッグシールドは旧カブが一体型,新カブでは3分割型です. 最初は戸惑いましたが,チリの合わせを考えると分割型の方が良いですね.

ウインカーと似た話になりますが. 日本仕様もタイ仕様も,メーターに右から砲弾が来るよマークヘッドライトハイビームインジケーターが付いてます. 付いているのは良いのですが,旧カブ時代にヘッドライトが暗い為に昼間ハイビームにしてた私にとっては,気になります. 新カブからLED化されたので明るくはなっており,ハイビームにする必要は無くなっているとは思うのですが……

 

 

最後にソーラー補充電器ですが,これは「セルスター ソーラーバッテリー充電器 SB-700 DC12V専用」を取り付けています. 最大充電電流72mAで,対応バッテリはなんと36Ahまで可能な代物. 3Ahのカブにはちょいとオーバースペックかもしれません.