萬屋 禰宜猫本舗

カブ主(タイ仕様JA44 110cc)で,某社技術営業職の禰宜猫(29雄)が,日常とか過去の振り返りとか旅行記とかカブカスタムとか..

スーパーカブ110 納車される! / Super Cub 110 will be delivered!

スーパーカブ110(JA44 正確にはタイホンダ仕様なのでMLHJA1689J〜 WaveやDreamの系列と同じ)が,遂に2018年8月17日夜に

納車されました!!

 

 f:id:Settu_NEGIcat:20180819221327j:plain

バイク屋さんで引き取り後,200mほど走った速度計及び積算距離計. 1.4kmという正真正銘ピッカピカの新車!

速度計が140km/hとか要らん所まで付いてる

 

^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

 

納車にさし当たって,オプションパーツも取り付ける事になりました. お金無いので,大した事はしていませんけど,「最低限これ要るわ」的なもの. 今回の記事は,カブ110のファーストインプレッション含め,その辺もレビューしていきます.

 

この記事から登録しました↓

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

納車されたての基本姿勢をパチり. (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

素晴らしいですね!!!(←アホ)

f:id:Settu_NEGIcat:20180819221536j:plain

 

 まず,街乗りするのに積載性は重要. というより,

スーパーカブは荷物載せてナンボや!!!

"ベトナムキャリア""メッシュインナーラック""フロントバスケット"を取り付けました. ベトナムキャリアとメッシュインナーラックは,公式には同時使用不可ですが,加工する事で取り付けが可能……なのですが!

JA44対応のベトキャリ・メッシュインナーラックは,それぞれ単体であってもタイ仕様(MLHJA1689J)への取付が, 基 本 的 に は 出来ないようです.

 

 f:id:Settu_NEGIcat:20180819221354j:plain

写真を参照して下さると分かるのですが,メッシュインナーラックの取付用ネジ穴と,レッグシールドのネジ穴が,まるで合っていません. ベトナムキャリアも,片方は留められるのですが,もう片方が……orz

 

で,どうしたかというと無理矢理取り付けました

☆(ゝω・)vキャピ

ベトナムキャリアは,エンジン側のネジについては取付可能ですがハンドル側は片方しかネジ付いてません. 3点しか留まっていない状態ですが,結構しっかり固定されてるので,本国の様に人が乗ったりする使い方(笑)さえしなければ,大丈夫でしょう. メッシュインナーラックについては,取付がそのままでは不可能(レッグシールドが太い)ですが,なんとベトナムキャリアを取り付けた事でそこにIV線という電気配線用の被覆付き銅線で括る事が出来ました. 写真は,ベトキャリとメッシュインナーラックを取り付けた直後. 点検口から垂れている電線は,ソーラー充電器.

 f:id:Settu_NEGIcat:20180819221812j:plain

タイ仕様なので,注意書きもタイ語. 読めない(笑) 

 

フロントバスケットは,コーナンで売られていた子供用自転車用の前カゴのみを購入してメッシュインナーラックと同じくフロントキャリアにIV線で括ってあります. 純正は何気に高いですし,旧カブでも実績ありましたので. ただ旧カブは,括り方が弱くて走行風で浮き上がり,緩みが増えて最終的に飛んで行ってしまったその後後続車に轢かれた事があるので,今回はしっかり付けてます.

 

ベトナムキャリアは,これまたなんで「ベトナム」と言われているのかよく分かりません. 確かに,ベトナムで走るカブには殆ど間違い無く取り付けられていますけども. 羊羹とカステラでサンドウィッチみたいにしている菓子が,日本生まれにも関わらずシベリアと呼ばれているのと,似た感じなのでしょうかね? 知らんけど.

 

 

旧カブでは,荷台に箱を付けていましたが,このタイ仕様カブ110は,タンデムシートを標準装備しているので,後部の積載性が若干犠牲になってます. 延長キャリアを付けてそこに箱…と思ったのですが,強度がイマイチ不安. サイドボックスを自作で付けるしかなさそうですね. 来春予定の増槽(燃料タンク増設)と,同時期にやってしまおうかと思います.

 

快適性としては,"USB差込口付きの防水シガーソケット"を取り付けます.(2018年8月19日時点でまだ取付出来てません)

スマホタブレットを,走行しながら充電出来ますし,災害時にも燃料が持つ限りは非常電源として使えるかと. ただ,旧カブ含めJA07まではバッテリー容量が6Ahあったのに,JA10以降は3Ahにダウンサイジングされてしまったので,あまり多用は禁物ですね. 今後,電装は増えていくはず(冬にグリップヒーター・フォグライト・ドラレコを取り付け予定)なので,サブバッテリーシステムを考えようかとも思っているのですが……むー……

2018年冬には,旧カブで使用していたハンドルカバーに加えて,風防を取り付け予定です. 旭風防のCUB-03を.

 

保守・機能性については,"油温計""タコメーター""バッテリー上がり防止補充電用のソーラー充電器"を,取り付け予定です. その中で,タコメーターとソーラー充電器を,2018年8月19日に汗だくになりながら取り付けました.

こちらは別記事にて紹介していきます.

 

肝心要の走りですが,ひとまず1000km走るまでは4000rpmキープ慣らし運転ですから,まだ分かりません.(といいつつ幹線道路だと端に大人しく寄っていても煽られるので結果的に75km/h 6000rpm位まで出してしまう)

旧カブ88ccより,だいぶトルクフルな感じがします. 旧カブであれば,減速したら3速ないし2速まで落として加速という感じでしたが,110は4速のままでもアクセル回したらそれなりについてくる走りをしてくれます.

慣らしが終わり,度ノーマル状態の走行データを収集してから,徐々に弄って行こうと思ってます. 調べると意外にも無いですからね,度ノーマル状態でのレビュー.

 

 

"予定は未定"的ですが,駆動系の改造.

フロントスプロケットを2丁上げの16丁に.(二次減速比は2.500から約2.188のハイギア化) 高速度走行時の振動・騒音軽減と,燃費向上を狙います.

60km/hで5500rpmまで回っていて,だいぶ苦しそうな感じ(からの毎回幻の5速踏みそうになる)なのを,4500rpmまで回転数を落とせます. 4500rpmというと,標準の二次減速比であれば50km/hくらいで,今感じてる振動と音的に一番心地よく走れるかな. そこまでハイギアにすると加速がという話をチラホラ聞きますが,実際にやった人に言わせれば,そんな影響無いみたいですよ? 実際私が乗った時も,純正のままではかなりの低速から,4速のままで結構な再加速が出来る程に,カブ110のエンジンってポテンシャル持ってるので,ハイギアにしたところで加速性は失われないと思われます.

こちらも未定ですが,燃料給排気系の改造は,純正エアクリーナーを加工. 加工の方法は,例の如く今後更新する記事を(以下略) オイルドレンボルトも,マグネットの付いているものにしたいですね. というのも,旧カブは毎度毎度鉄粉が凄い事になってたので,その効果は絶対あるはず. 実は,タイ仕様は日本仕様と違ってオイルフィルターが無いのです.(正確には,あるけど交換しづらい上にフィルターと呼べる代物でもない)

インジェクターとスロットルボディ…キャブ車で言う所のキャブレター(気化器)に当たる部分も拡大したい.(φ18→φ22) JA10までは,キタコ辺りからAssembly丸ごと取り替えが出来るものがあったのですが,JA44から構造が変わってしまい,2018年8月時点でまだパーツが出てません. その為,純正を拡大加工する方法を採るしか,今のところ方法が無い様です. なのでこれはだいぶ先. そして,旧カブでは手を出さなかった排気. つまり,マフラーも今回は手を付け……たいけど,これも予算がなぁ. 2019夏くらい?

電装系は,イグニッションコイルを強化します. 旧カブにも導入していた,コンデンサチューンも導入して鉛蓄電池特有の瞬発的起電力を平滑化. 純正のLEDヘッドライトも十分明るいのですが,どうも白色は好きになれないので,電球色の旧カブチックな見た目のライトを導入します.

 

……ただでさえ少ない貯金が,どんどん減ってく(;φωφ)ヤヴァイニャー